本文へスキップ

宇都宮の整体「オステオパシー川崎」

変形性股関節症

変形性股関節症は、股関節の軟骨が異常摩耗を起こすことで周辺の骨組織が変性する疾患で、圧倒的に女性に多いという特徴があります。
股関節状態比較

変形性股関節症の原因

変形性股関節症の原因は

・原因不明
・先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全(股関節の深さが十分に発達していない状態)
・軟骨の先天的(遺伝的)障害
・ペルテス病、特発性大腿骨頭壊死症、関節唇損傷などの疾病
・怪我
・股関節に対する過度な運動や肥満による過剰な負荷

海外では原因不明の場合が圧倒的に多いのに対し、日本では先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全が90%を占めるとされています。

変形性股関節症の症状

・股関節のこわばり(特に起床時)
・長時間座った後の股関節のこわばり
・股関節周りの痛み、腫れ、圧痛
・骨同士が擦れているような音や感覚
・靴下を履く、立ち上がる、等の日常動作が困難

変形性股関節症の治療

病院での変形性股関節症の治療は、比較的軽度であれば保存療法が、重度の場合は外科療法が適用されます。

保存療法
股関節や下肢への負担になる原因を取り除くことを主眼に置いています。
・運動療法による筋力強化と柔軟性向上
・体重管理
・杖の使用
・痛み止めの使用

外科療法
・大腿骨への手術:大腿骨を調整して股関節に収まる角度を安定させる手術です。
・寛骨臼への手術:寛骨臼の深さを確保して関節を安定させる手術です。
・人工股関節への置換:大腿骨の先端部分を人工骨と取り換える手術です。

当院の変形性股関節症整体

当院では、筋膜リリースやトリガーポイント療法を使って、股関節痛の緩和を目的とした施術を行います。
股関節周りの筋肉
上図の様に、股関節にはたくさんの筋肉が付いていて、疲労によってこれらの筋肉の血流が悪くなるとトリガーポイントと呼ばれる圧痛点が生成され、股関節周りに痛みを発生させます。それらを丁寧に探し出して取り除き、筋肉を元の状態に戻すことで、痛みを緩和して行きます。

次に、疲労を起こした原因(関節周辺の筋バランスの悪さや、骨格の歪み、姿勢の悪さ、等)を探し、それを修正することで、再発を防ぎます。
電話を掛ける場所を確認
予約フォームメールで問い合わせ・予約

営業時間:9:00〜19:00(最終受付18:00)
定休日:日曜日(第4日曜日は営業)
駐車場:有り(3台)

地図
※カーナビを使われる方は、『宇都宮市宝木町1丁目269-7』と入力して下さい。
『オステオパシー川崎』や電話番号を入力すると、移転前(2015/5)の店舗に案内されます。

営業カレンダー


copyright©2011 Osteopathy Kawasaki all rights reserved.